2007年11月14日

ドクターズベストGPLC & CoQ10




ドクターズベストGPLC & CoQ10


話題の2大燃焼系成分が、さらなる進化を遂げてカプセルに

私たち、人間のカラダは年齢を重ねるごとに燃えにくい体になっていきます。
食事で摂った脂肪や糖分、そして体の中で余ってしまったカロリーを効率よくエネルギーに変えにくくなっている不燃焼ボディになっていくのです。
長期的に太りにくい体づくりをはじめるには、年齢にまけない燃焼ボディを手に入れることがいちばんの近道だといわれています。
どんどんカロリーを消費して、理想のスタイルに近づく。
リバウンドだって、もう恐くありません!



特許取得の新型カルニチンでスーパーボディを目指す!
ドクターズベストGPLC & CoQ10で使われているのは、GPLC(グリシンプロピオニルLカルニチン)という新しい形のカルニチンです。
そもそもカルニチンは、アミノ酸の一種です。
脂肪は、主に筋肉細胞の中のミトコンドリアという部分で燃焼され、エネルギーとなります。
カルニチンは脂肪と結びついて、細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアまで運んで燃やす役割を果たすといわれています。
余分な脂肪をしっかりとメラメラさせて、スッキリシェイプを目指す方には必須の燃焼系ダイエット成分です。

GPLCは筋肉系の健康にターゲットをおいて開発された初めてのカルニチンです。
プロピオニルLカルニチンに、もう一つのアミノ酸・グリシン分子を結合させた新しい形になっています。
プロピオニルLカルニチンは、本来のカルニチンの役割に加え、新たなパワーも備えています!
スーパーカルニチンと呼ばれる理由
筋肉内を得意分野とするスポーツ系カルニチン
Lカルニチン自体を体内で作りだす
体内をサビつかせて悪さをする悪玉酸素をブロック
エネルギー源を増やし、持久力とエネルギーのキープ



コエンザイムQ10との連携プレーで、さらに燃えやすく!
私たちが体を動かすのに必要なエネルギーを作るうえで欠かせないコエンザイムQ10は、糖や脂肪を効率よくエネルギーに変えます。
せっかくカルニチンをしっかり補給しても、CoQ10が不足していては、エネルギーとして脂肪はうまく使われません。
逆に、CoQ10だけがたくさんあっても、カルニチンが不足していては、脂肪はそのままウエストや二の腕まわりにたまってしまいます。
カルニチンとCoQ10は、それぞれが似ているようで違う役割をもち、連携して働きあっています。
一緒に摂ることで、さらにダイエットやエネルギーアップに役立つと期待されています。
本製品では、1粒にCoQ10をしっかり100mgも含有しています。



カルニチンやCoQ10は、体のあちこちでエネルギー産出に関わっています。
余分な脂肪が気になる方のほかにも、階段の昇り降りだけで「ゼーゼー、ハーハー」と息切れしてしまう方や朝が弱い方にもおすすめの組み合わせです。

ドクターズベストGPLC & CoQ10 もっと詳しく!

posted by oichi at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64925415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。